薬剤部

 薬剤部はチーム医療を行う中で、調剤業務はもとより、的確で質の高い薬物療法が行えるように薬物療法の専門家としての責任を持って各部門との連携を密にし、患者さんに最適の医療サービスが提供できる事を目指しています。

 院内での薬剤師の業務は、調剤、医薬品の供給管理と、実際に医薬品を取扱い適正な形で患者さんのもとにお届けする業務から、医薬品の有効性や安全性に関する最新情報を収集・提供し適正使用を支援する医薬品情報の管理業務、さらに退院時には、患者さんと面談し服薬についての説明、効果や副作用発現の有無の確認、薬に対する不安など多岐にわたり患者さんをサポートしていきます。

 医療チームの一員として薬のスペシャリストとしての役割を果たすため、医師、看護師、管理栄養士や医療技術の各技師などと、相互に連携して業務を行っています。

 病院薬剤師に求められる役割も日々変化しており、チーム医療の中でいかに専門性を発揮するかが重視されています。病院薬剤師としての役割を自覚し、その責務を果たしたいと考えています。

薬剤部業務

調剤業務 医師の処方箋に基づき全自動錠剤分包システムや、電子天秤一体監査システム、散薬監査システム等を用いて正確な調剤を行っています。
有効で安全な薬物治療をサポートする為、用法・用量・相互作用や複数受診科における重複、又、入院時の持参薬チェックも行っています。
医療品情報 医療品に関する情報を収集、整理し、必要時に医師、看護師等医療スタッフ及び患者様に提供し、適正な薬物療法の貢献に努めています。